滋賀県近江八幡市に根差す歯医者-クラウド歯科

ご予約

TEL
0748-33-1100
時間
9:00-12:00 / 15:30-19:00

お知らせ

矯正歯科

治療について

2014年11月06日

当院で矯正治療をうけることができます

悪い歯ならびを、きちんと咬み合うようなきれいな歯ならびにする歯科治療を、矯正治療といいます。矯正装置を使って、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯ならびと咬み合わせを治していきます。

歯がふぞろいだったり、上下のアゴの歯ならびがお互いにちゃんと咬み合わない状態を、専門的には「不正咬合」といいます。

不正咬合をそのままにしておくと、

・食べ物がよく咬めない
・むし歯になりやすい
・口臭の原因になる
・歯を折ったり、ケガしやすい
・ことばが明瞭でなくなる
・歯槽のうろうになりやすい
・アゴの関節に負担をかける
・などの問題がおこりやすくなります。

不正咬合を治すと、自分の笑顔に自信が持てるようになり、今までのコンプレックスを解消できることも、重要なことのひとつです。

矯正治療は、大人の歯が生える前の小さなお子様から、むし歯や歯周病で歯の数が少なくなった方まで、誰でも何歳になっても行うことが出来ます。

矯正治療を始める前には精密検査を行い、治療方針およびコンピューターを用いた治療結果予測をじっくり説明いたしますので、患者様が納得されてから治療を始めることができます。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

一般的に「出っ歯」などと呼ばれてます。上の前歯や上あごの骨が前に出ている状態や、(上あごが出ているのではなく)下あごが後ろに入ってしまっている状態、あるいはその両方が同時に起きている状態を、上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。笑うと前歯の歯ぐきが出てしまうガミースマイルになる場合もあります。

反対咬合(はんたいこうごう)

下顎前突あるいは、一般に「受け口」とも呼ばれています。下の前歯が上の前歯より前にある状態です。顔の中で下あごが目立ちやすく、前歯でよく咬めなかったり、発音が聞き取りにくくなったりしやすい咬み合わせです。

開咬(かいこう)

奥歯を咬んでも、前歯が咬み合わず開いている状態を開咬と言います。顎の関節に問題があったり、舌を出すクセがあったりすることが原因でおこりやすい咬み合わせです。当たっている歯が少ないため、食べ物の消化が悪くなります。

叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態で、乱ぐい歯とも言われます。八重歯も叢生(そうせい)の一種です。あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪いため、狭いあごに歯がきれいに並ばず、でこぼこに重なりあってしまいます。

担当医紹介

斎藤 晶子(さいとうあきこ)

東京歯科大学 卒業
同大学 歯科矯正学講座研修過程終了
日本矯正歯科学会 認定医

日本矯正歯科学会、東京矯正歯科学会、東京歯科大学学会、日本口腔筋機能研究会などに所属し、海外での学会でも発表・参加の経験があります。