滋賀県近江八幡市に根差す歯医者-クラウド歯科

ご予約

TEL
0748-33-1100
時間
9:00-12:00 / 15:30-19:00

お知らせ

神経を残す治療

クラウド歯科通信

2014年11月07日

歯の根の治療をはじめると、手間がかかり数回に分けて通ってもらわなければなりません。歯の根の種類によっては神経をとっても根の先は複雑に枝分かれをしていたり、奥歯の根の治療であると、治療する機械が入らないことで効率的に治療を行うことができず、いつまでも歯が浮いたり痛みが残ってしまったりと来院していただく回数が多くなったりします。

また、歯の神経を取ると一緒に毛細血管もとるので、歯の血液供給が途絶え栄養不足になりのちに死んだ歯になりミイラ化してしまいます。

しかし、生きた歯(神経が残してある歯)は少しのばい菌の侵襲、外部からの刺激による痛み(知覚過敏など)なら自然治癒する能力があり、2ヶ月ほどで歯の内部に骨の添加(第二次象牙質の添加)が起こり自力で治っていきます。

抗菌剤 レーザー照射

神経に達する虫歯菌の侵入に対し、炭酸ガスレーザーを照射することにより、細菌を死滅させ歯の内部のコツ添加を促進させる。

スーパーBONDバリア壁漏洩止め

強固な接着剤を用いて象牙細管を塞ぐことで、細菌が侵入してくる経路を遮断したり、外部からの刺激をシャットアウトします。

ハイブリッド強化充填

白い詰めものの強化型。高分子化合物とフィラーの改良により、生体への親和性や耐久性、審美性を飛躍的に向上させることで、保存的修復処置を高い次元で実現。

この治療を当医院では導入することによりより歯の神経が助かりやすくしています。

出来る限り歯の神経を生かす治療に当医院は心がけています。