滋賀県近江八幡市に根差す歯医者-クラウド歯科

ご予約

TEL
0748-33-1100
時間
9:00-18:00

お知らせ一覧

11月より静脈内鎮静法(セデーション)再開のお知らせ

2020年09月17日

いつもクラウド歯科にご来院いただいてありがとうございます。

静脈内鎮静法(セデーション)は歯科治療時の嘔吐反射や恐怖心が強い方に対して、鎮静薬を用いて快適に治療を受けていただくための方法です。
一時休止しておりましたが、11月より体制が整いましたので再開することとなりました。

静脈内鎮静法を行うときは歯科麻酔の先生が常に患者のそばに待機し、薬剤量のコントロールを行う必要があります。歯科麻酔の先生に来ていただく必要があるため、実施可能な日に関してはお問い合わせください。

これからもクラウド歯科をよろしくお願いします。

お盆期間の診療について

2020年08月03日

いつもクラウド歯科を受診いただきましてありがとうございます。

2020年お盆期間の診療時間変更についてお知らせ致します。

8月8日までは通常通りの診療を行います。

8月 9日 休診
8月10日 休診(祝日:山の日)
8月11日 9時~12時 13時~16時
8月12日 9時~12時 13時~16時
8月13日 休診
8月14日 9時~12時 13時~16時
8月15日 9時~12時 13時~16時
8月16日 休診

8月17日より通常通り診療を行います。

御不便をおかけしますが、御理解を頂きますようよろしくお願い致します。

新型コロナウイルス感染症の拡大と歯科治療について

2020年05月29日

こんにちは、『 クラウド歯科 』です。皆さま、新型コロナウイルス感染症の拡大でご不安な日々を過ごされていることと存じます。
さて、歯の治療のためにご来院いただいている皆さまの中には「先延ばしにしても良いのではないか?歯科治療は不要不急ではないか?」とお悩みの方もいらっしゃると思います。しかし、歯科治療を途中で止められますと、詰め物や被せ物が合わなくなり再治療が必要になるだけでなく、むし歯が進行して神経を取ったり、抜歯せざるを得なくなることもあります。また、日本人の40代の80%以上がかかっていると言われている歯周病、この病気は歯を失うだけでなく、脳梗塞・心臓病・糖尿病・誤嚥性肺炎といった命に関わる疾患とも深く関連しています。歯科治療は、決して「不要不急」な治療ではありません
既にご予約をキャンセルされた方は、お早めにご予約をお取りいただき、ご来院下さいますようお願い致します。
なお、歯科での感染リスクについて様々な報道がなされておりますが、飛沫や出血がある歯科では、従来から感染症対策を徹底しております。現状では「歯科だから感染率が高いという明確なデータはございません。もちろん【3密】を避ける対策も十分にとっておりますので、どうぞ安心してご来院ください。

新型コロナウイルス感染症の拡大とお口のメインテナンスについて

2020年05月29日

こんにちは、『 クラウド歯科 』です。皆さま、新型コロナウイルス感染症の拡大でご不安な日々を過ごされていることと存じます。
さて、いつもお口のメインテナンスでご来院いただいている皆さまの中には「定期検診(メインテナンス)は不要不急ではないか」とお悩みの方もいらっしゃると思います。しかし、新型コロナウイルス感染予防に対し口腔ケアが重要であるという報告もあります。また、歯周病は歯を失うだけでなく、脳梗塞・心臓病・糖尿病・誤嚥性肺炎といった命に関わる疾患とも深く関連しています。メインテナンスはそれらを防ぐためのものであり、決して「不要」な治療ではありません
3ヶ月以上期間を空けると、歯石の増加とともに、お口の中の細菌が増殖し、様々な悪影響を及ぼします。皆さまのお体を守るため、これまでと同じ間隔でご来院いただけますと幸いです。既にご予約をキャンセルされた方は、改めてご予約をお取りいただき、ご来院下さいますようお願い致します。
なお、歯科での感染リスクについて様々な報道がなされておりますが、飛沫や出血がある歯科では、従来から感染症対策を徹底しております。現状では「歯科だから感染率が高い」という明確なデータはございません。もちろん【3密】を避ける対策も十分にとっておりますので、どうぞ安心してご来院ください。

鎮静法縮小のお知らせ

2020年05月11日

以前より当院では鎮静法として3つの方法を提案させていただいておりましたが、
縮小することとなりましたのでお知らせします。

シロップ鎮静法(簡易鎮静)と静脈内鎮静法(セデーション)については、今後新規患者の受け入れを中止することとなりました。
御迷惑をお掛け致しますが、御理解いただきますようお願い申し上げます。

なお、笑気ガス麻酔に関しましては、今まで通り行います。

①シロップ鎮静法(簡易鎮静)  → 中止
②静脈内鎮静法(セデーション) → 中止
③笑気ガス麻酔        → 継続

カテゴリー

最近の記事